1、茶道とは、

2、テーブルスタイル茶道とは、

1、茶道は身分自信を磨く為の最高の手段です。

現代生活の中で、多くの場合、私達は忙しさに忙殺されて、 自分を振り返る余裕のない毎日を送っているため、人間の根本的な価値とか位置を見失ってしまっています。その為に悩みを抱えたり、ストレスの多い生活をしています。

そういう中で、自分自身を訪ねて、自分とは何者なのか、自分(人)はどこから来てどこにいくのか、というような根本的なことについて考え、感じる時間を持つことが必要なのではないでしょうか?

1日に20分でも30分でもそのような時間を持ち、自分を振り返ってみる習慣をもつと、いかに自分というものが素晴らしくて貴重な存在なのか、というようなことがわかってきます。

 

そもそも、人とは宇宙の一部であり、森羅万象と調和して生きるように作られているのです。

茶道のお点前をする中で、静かに自分と向き合い、自分の内面に心を向けると、そのようなことが感じられてきます。そして、お稽古を重ねることにより、日本の文化に総合的に触れたり、また禅の教えを学ぶ中で、それらが精神面の向上につながりますので、日々の暮らしの中で一般教養が身につき、身のこなしが美しくなり、人格の向上なども期待することができます。

 素晴らしい茶道のエッセンス

  1. 茶道は日本の総合芸術
  2. 繰り返して習慣づけ、身につけていく所作によって美しい人になる
  3. 茶道は「禅」の精神を学ぶ人生の学びの場
  4. 茶室は社交の場、おもてなしの空間

しかし、伝統的な茶道は下記のような理由により、現代人にとっては敷居が高い?イメージがあるようです。

  1. 和室で着物を着て正座をしなければならない。
  2. お作法が難しそう。
  3. 厳粛な感じで、入っていけない感じがする。
  4. 特別な、高い道具を買わなければならない。等々

 

*テーブルスタイル茶道はこれらの問題を解決しています 

2、テーブルスタイル茶道はテーブルの上で気軽にすることができるモダンなスタイルの茶道です。

(写真、コンテンツは部分的に椿の会HPより引用)

 

  1. 着物を着て正座をする必要はありません。
  2. お作法は伝統的な形を最も簡素化したものでどなたにもできます。
  3. かしこまらず、普通に気軽に会話を楽しむことができます。
  4. 日常に使っているものでできる茶道です                    

テーブルスタイル茶道とはテーブル席で、椅子に座ったままお手前をしてお茶をいただくカジュアルな茶道です。

 

茶道の経験がなくてもどなたでもすぐに始めることができます。

テーブルスタイル茶道では、掛け軸の代わりに茶教、正座の代わりに椅子、茶花の代わりにお店のお花、といった感じで、茶道が日常に溶け込むようアレンジをしています。

形式にこだわらず、テーブルをいろいろなデザインにコーディネートして季節に合ったお花やお菓子や西洋風の食器を使い、華やかなティーパーティーの中でワクワクしながら、または和風のコーディネートの凜とした雰囲気の中で、または一人で静かにテーブルスタイル茶道をする中で、自分と向き合い、平和と安らぎの時間を得る、というように、さまざまな形でできる、現代に暮らす私たちにぴったりのスタイルです。

そして、(椿の会)テーブルスタイル茶道の中心となるのが深く考えたり、自分を見つめ直したりする精神面の時間としての「茶教」です。

 お茶を知れば人生はもっと豊かになるはず。

茶教の言葉を味わいながら心を整え、所作を整えながら美しい人へと成長していく、そんな人が増えることを願っています。